2007年07月19日


引越します


最近、seesaaがとっても重くなってしまったので
サイトをお引越しようと思います。

「Open Sesame」というタイトル、とても気に入っていましたが
引越を機会に思いきってかえてみました。
内容は変わらずに更新していくつもりです。
新しいおうちはまだまだ手探り状態で、ぼちぼちの更新になりますが
引き続きおつきあいいただければ幸いです。

お気に入りにしてくださっていた方、お手数お掛けしてスミマセン。
変更していただけると嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。

CIMG2609.JPG
新居のトビラにOpen Sesame!







2007年07月17日


ハワイアン柄のバッグ


三連休の最終日、
台風は過ぎ去ったものの、台風一過の青空もほんの束の間、夕方からは再び雨。
そして昨日は新潟地方で大きな地震がありました。
これだけ科学の発達した現在でも、自然の力の前には人間はあまりにも無力です。
ともするとこの世界で一番偉いとおごりがちな人間に
それは間違いだと見せつけるかのような自然の驚異。
ここ、関東地方もいつ大地震が来てもおかしくないともうずいぶん前から言われています。
普段から天災に対する心構えもしておかないといけないと、改めて考えさせられました。

CIMG2561.JPG
さて、
この数日間、クロスステッチの地道な作業が続いていたので
ダーッとミシンをかけたくなりました。
そこで、以前オークションで落札してあった型紙でハワイアン柄のバッグを作ってみました。
この生地、本当は子どもたちのフラのレッスンバッグにするつもりでした。
が、レッスンバッグには別の生地を見つけてしまったので
こちらはクッションカバーにでもしようかと思っていたのです。
でもふと思い立って型紙をあててみたら、あら、ステキなバッグになりそう♪
今回、生地を横に使ってみました。

CIMG2566.JPG
内布は無地のラミーリネンにして
表布で2室に分けたポケットを付けました。
このラミーリネンは生地の森さんの初回限定お買得企画で
思いきって6m購入したもの。

CIMG2571.JPG
ハワイアン柄に合わせてココナッツボタンをつけて。
ループにはリネンのトーションレースを。
来週末、Yokohama HAWAI'I FESTIVAL に持っていこう♪


まずは道具から・・・


CIMG2591.JPG
先日、MIJYUさん宅におじゃまして教えてもらったクロスステッチ。
なかなか進んでいませんが、空いた時間にぼちぼち刺しています。

ところで・・・
なんでも格好から入りたがる私としては、
さっそく刺繍キット用のミニバスケットを買ってしまいました〜(でた!)
とくに探して買いに行ったわけではなかったのですが、
ふと目の端にこのバスケットが。
蒸篭のような丸い形と鍵のところが気に入って、
何かに使えないかなぁ・・・と。
実はずっとお裁縫箱(小学校の家庭科以来の年季物です;)を替えたくて、
いいのを探しているのですが、それには小さすぎるし。
で、刺繍キット用にどうかなと。
私の場合、衝動買いは失敗することが多いのですが、
これならリビングに置いてもじゃまにならないし
失敗ではなかったかな。

CIMG2592.JPG
中はこんな感じ。
お友達にいただいたピンクッション、
古いお裁縫箱には付属の針刺しが付いていたので
気に入ったソーイングボックスを見つけたら使おうと
とってありました。

CIMG2594.JPG
それから、コウノトリの手芸鋏。
これは刺繍糸専用に買いました。
握り鋏は、今度浅草に行ったら
かね惣で買おうと密かに決めています。



サニタリーポーチ


CIMG2583.JPG
先日作った杏ジャム、
ご近所のほのもえママさんにお裾分けしたら
そのお礼にと、こんなステキなサニタリーポーチを作ってくれました。
CIMG2584.JPGCIMG2585.JPG
表はYUWAの水色×白のドット生地とブルー×イエローのブーケ柄。
中は同じくYUWAのストロベリーとブラウンドット。
ボタンはフランスビンテージ、ループはミントグリーンの革紐です。
とっても丁寧に作られていて、サニタリーにはもったいないくらい可愛いです。
私をイメージして作ってくれただなんて、感激。
大事に大事に使わせていただきますね。
ほのもえママさん、ありがとうございました〜。

それから・・・
このポーチのほかに、手作りクッキーもいただいたのでした。
ですが、写真を撮る前におなかの中に・・・(!)
こちらもとっても美味しかったですよ!
ごちそうさまでした☆


2007年07月11日


杏ジャム


CIMG2539.JPG
夫は大の杏好き。
ドライアプリコット、杏ジャム、あんず棒(駄菓子屋さんとかに売っていましたよね)・・・
とにかく杏には目がありません。
去年初めて自分で杏ジャムを作ってみたら、これがけっこう美味しかったので、
今年は少し多めに作ろうと、2kg注文しました。

杏って生ではとっても酸っぱくてあまり美味しくないのに、CIMG2485.JPG
加工すると甘酸っぱくて美味しくなるのですよね。
ジャムにする前に、まずはミニマルシェかごに入れて
飾ってみました。
“パリのマルシェで買ってきました〜♪”ふう(?)

さて、そのままの姿を目で楽しんだらいよいよジャムに。
種をとって適当に刻んでお砂糖と一緒に火にかけます。
白いお砂糖ならきっときれいな杏色になるのでしょうが、
我が家のジャムはいつも甜菜糖かきび砂糖を使うので、
色がどうしても茶色っぽくなってしまいます。
でも、白砂糖よりも体に良さそうなので。
ちなみに今回使ったのは甜菜糖。

CIMG2548.JPG出来上がったジャムを、ヨーグルトマシュマロにかけて♪
もう少しお砂糖減らしてもいいかもって感じもしますが
まあまあの出来・・・と思います。
クリームチーズを塗ったクラッカーに
のせて食べても美味しそう*^^*






2007年07月10日


ウニクリームスパゲッティー


CIMG2531.JPG
今日は朝から雨。
とくに予定もないので、おうちでのんびりブログの更新などやっておりました。
こういう雨の日もけっこう好きです。
一日外に出なくても誰にとがめられることもなく、
あれもこれもと大洗濯することもなく、
ただぼーっとしてみたり。
晴れた日にテキパキと用事を片付けた時の達成感もいいですが、
今日みたいなのんびりモードの日も必要と思います。

ひとりだと、ついお昼は作るのめんどくさいしまぁいいか〜
ということも多いのですが、
今日はどうしてもパスタが食べたくなり、ウニクリームスパゲッティーにしました。
CIMG2534.JPG
カルディーコーヒーで買った‘雲丹醤’に
生クリームを加えて和えるだけですが、
私は美味しいと思います。
魚介を加えてもいいのですが、今日はひとりごはんなので
簡単に海苔をちぎってのせました。

この‘雲丹醤’、ウニ好きの夫が食べてみたいと買ったのですが、
あまり好みではなかったらしく、もっぱら私がいただいています。
ごちそうさま〜*^^*



ゴムスカート2枚


CIMG2522.JPGCIMG2513.JPG
昨日は、長女のゴムスカートを2枚作りました。
小学校へ通うようになり、‘ハンカチとティッシュの入るポケット付き’というのが
通学に着る服の重要なポイントになっています。

午前中、MIJYUさんのお宅におじゃまする予定になっていたので
その前に2枚分まとめて裁断をすませておきました。
続きは夜、子どもたちを寝かせてからまとめてダダダッと。

CIMG2516.JPGCIMG2526.JPG
持っているお洋服に
合わせやすいように、
ブラウスと合わせて
‘きちんと’も着れるように、
オーソドックスな
ブラックウォッチと
シンプルなブラウンギンガムで。
ポケットの形と位置を変えてみました。
ブラックウォッチはサイドに。入れ口にゴムを入れて星模様のウッドボタンを。
ブラウンギンガムはフロントに。ブラウンレースを付けました。


昨日、MIJYUさん宅におじゃましたのは、

2007年07月07日


カシュクールワンピース


CIMG2494.JPG
なかなか進まなかった子どもたちのカシュクールワンピースがやっとやっと完成しました。
以前ふらりと立ち寄った手芸屋さんのSALEで買ったコットンリネン。
たっぷりあったのでどんなデザインにしようかあれこれ迷いました。
be-clubさんでかわいいバイアステープを買ってあったので、
それも活かせるデザインということでカシュクールワンピースに。
いつも避けていた苦手なギャザーにも挑戦。

CIMG2500.JPG

CIMG2499.JPG
小花柄のバイアスが長女。
次女のはイチゴ柄。
完成してみたら、長女のは
少し丈が短かったので、
裾にフリルを付けました。

この生地、布巾のような生地で
ジグザグ処理では裁ち目がほつれて裏はすごいことになってます(汗)
ギャザーはまだまだですねー。
均等に寄せるの、難しい。

今日は07.07.07、7回目の結婚記念日

2007年07月04日


新生姜のジンジャーシロップ


CIMG2455.JPG
今日は一週間前から作ろう作ろうと思っていた
新生姜のジンジャーシロップをやっと作りました。
早く作らないと新生姜が‘新’じゃなくなっちゃうー(><)と思いながら、
なかなか作れずにいました。

雑貨カタログの8月号に載っていたレシピで。
レシピでは新生姜をフードプロセッサーにかけるのですが、
我が家には残念ながらフードプロセッサーがないので、
今回はすりおろしてみました。
すりおろした新生姜をグラニュー糖、水と一緒に火にかけ、
沸騰したらレモン果汁を加えます。
すると・・・あ〜ら不思議!
くすんだ黄色だったシロップが
まるでピンクグレープフルーツのようなピンク色に!
さらにレモングラスを加え10分ほど弱火で煮て濾せばでき上がり。

CIMG2449.JPGCIMG2447.JPG

ピリリと生姜の辛味のきいた
大人のための少し贅沢な
ジンジャーエール。

2007年07月03日


カルガモコースとバディーとザリガニ???


CIMG2444.JPG
長女の小学校では先月から水泳の授業が始まりました。
まだ3回しか入った日はないのですが、
長女の話しを聞いて思わず大笑いしてしまいました。

まず、レベルに応じたコース分け。
「スイミングスクールに通っている(いた)ひと〜」と先生。
年中さんの夏休み、短期講習(たったの5日間)に参加した長女、
勢いよく「はーい!」と挙手。白鳥コースに入りました。
白鳥コースは一番上級です(な、なんと無謀な・・・汗)
そしてプール当日、当然のことながらとてもとても白鳥さんのようには泳げす・・・
ひとつ下のカルガモコースに変更。
私が思うに、初級のアヒルコースでもいいのでは?!
まぁ、がんばってもらいましょう(笑)

水泳の授業中、二人一組でお互いがお互いの‘バディー’になるそうです。
海猿みたい!!
自分のバディーが溺れていたら、
「先生!私のバディーが溺れています!!」と大至急報告(笑)
長女は、いつもバディーに助けられている(?!)そうです・・・複雑。
「どういうふうに助けてくれるの?」
「大丈夫?って起こしてくれるの。」
・・・ってことはいつも転んでいるのか?それとも沈んでいるのか?

ゆうべのお風呂での会話。
「バタ足とかやってる?」
「ううん、できないもん。あごがガツーンって下についちゃってぇ・・・」
「え?! あご?! プールの底に?!」
「そう。それでこうやって(←洗い場で実演)泳いでるの。」
泳いでいるというのか這っているというのか・・・
ある意味それってすごい・・・かも。
学校のプールで、ザリガニのように底の方でもがいている彼女を想像したら
なんだか可笑しくて思わず大笑いしてしまったのでした。
でも本人はきっと真剣に泳いでいるのですよね(笑)

特別速く泳げなくてもいいから、
いざという時に溺れない程度には泳げるようになってほしい。
今年の夏は私もがんばって近くのプールへ親子で通おうかな・・・

2007年07月02日


ヴィンテージボタン


CIMG2431.JPGCIMG2440.JPG
ボタンってなぜだかとても惹かれます。
とくにアンティークのボタンは、どんなお洋服に付いていたのか、
どこの国のどんな持ち主のものだったのか・・・
ひとつのボタンに色んな物語が詰まっているようで
とてもとても気になります。
でも、残念なことにアンティークボタンはお値段がかわいくないので
いつもステキだなぁ〜と眺めるだけですが。

これはアンティークではないけれどフランスのヴィンテージもの。
qui na rieさんで。
qui na rieさんはリネンもとってもステキです。

深みのあるカシス色がステキな貝ボタンとオーバル型がかわいい貝ボタンは
娘たちのワンピースの飾りボタンに。
透明の涼しげなボタンは頭の金帽子がポイント。
とくに使い道の予定はないけれど、ついポチッとしてしまいました。
たからものにしたくなるジュエルのようなボタンたち。





七夕・・・星に願いを♪


CIMG2401.JPG
7月に入り、子どもたちは七夕ムードがかなり盛り上がっています。
お部屋の観葉植物(以前いただいたものなのですが名前は忘れました)を
笹に見立てて七夕飾りを。

CIMG2403.JPG長女の願い事は・・・
ふらだんすがならえますように☆
hula、実は前々から子どもたちにやらせたいなぁと
思っていたのです。
自然に宿る神々に尊敬と畏怖の念を持って捧げられたhula。
ネイティブハワイアンの間では、様々な生活の知恵、
歴史といったものもhulaを通して受け継がれてきたそうです。
hulaはその振りのひとつひとつに意味があって、歌うように踊るダンス。
どこの国にも昔から受け継がれている踊りがあることを考えても、
「踊る」という行為は、人間にとってとても自然で、
そして大切な暮らしの一部だったのだと思います。
最近では、ハワイアンブームもあってフラをおしえるハラウ(教室)も増えていますが、
ケイキ(子ども)クラスがあって自宅からそう遠くなく通いやすいところで・・・
と条件をしぼって探すとなかなかそれに合うところがなくて。
親子で素敵な出逢いを待っているところです。
良いご縁がありますように☆

さて次女はといいますと・・・
「5匹(って生き物?!笑)のた〜んざく♪」と上機嫌で歌いながら
いくつも折り紙の輪っかをつなげて飾りを作っていました。
そして願い事は・・・おかねもちになれますように☆
・・・ってまったく!!まるでかわいくない願い事ですねー(4歳児なのに!)
いったいどこでこんなお願いを覚えたのやら・・・苦笑



リモンチェッロ


CIMG2385.JPG
先日お友達のMIJYUさんからいただいた自家製のリモンチェッロ。
ゆうべ初めていただいてみました。
冷凍庫に入れても凍らないのでキンキンに冷やしていただきます。
とってもきれいなレモンイエロー。
画像ではうまく撮れていなくて残念。
蓋を開けたとたん、レモンの爽やかな香りが!

お味は・・・
ウォッカで仕込まれているのでサワーとはまた違ったこくのある大人の味わい。
甘苦さの中にレモンの爽やかな酸味が。
夏の夜の晩酌にもってこいのお酒です♪


2007年06月30日


ティッシュケース


CIMG2399.JPG
空梅雨と言われていた今年の梅雨。
その予想どおり雨が少なく毎日蒸し暑い(><)
冬生まれの私は暑さに弱く、こうなると完全にダラダラモードです。
子どもたちのカシュクールワンピースも作りかけで進まず・・・

だいたい型紙を写したり裁断したり、もともと苦手なのですね。
小物はいつも見当でジョキジョキ・・・
きちんと測ってというのはどうも面倒で。
このいい加減さが災いして
出来上がりが大きすぎたり小さすぎたりというのはしょっちゅうです(汗)

そして今日も適当に裁断してティッシュケースを作りました。
大物(と言ってもせいぜい子どものワンピースくらいのものですが、
私にとっては十分大物)にとりかかる気力はないので小物でも・・・と。
以前から洗い替えが欲しかったティッシュケース、
お友達が作ったと聞いて私もまねっこさせてもらいました。
YUWAの綿麻スラブのハギレを組み合わせて。
ついでに子ども用も。
見当裁断なので大きさまちまちです(気にしない、気にしない..アハハ)

2007年06月26日


おそろい


CIMG2363.JPGCIMG2366.JPG
十日ほど前の夫の誕生日、私からのプレゼントはまだあげていなかったので。
今年は白のビルケンを。3本ベルトのフロリダ。
本当はベージュがよかったのだけどサイズがなくて白に。
実はこれ、コストコの割引クーポンでかなりお安く買えました。
そしてお隣、同じくフロリダの“シーオブフラワーブルー”は私の。
ネイビー地にパープルの小花がかわいくて。
こちらはビルケンショップで定価で購入。(ちゃっかり)
でも・・・プレゼントってお値段ではないですよねっ!(汗)
夫も喜んでくれました。(ちょっと心苦しい?!)

さておき、おそろい〜♪って年でもないですが、
いかにもではなく、あくまでさりげなくなら
おそろいもいいかな・・・なんて。





2007年06月23日


パイナップルイエロー&メロングリーンのビスチェ


CIMG2329.JPGCIMG2324.JPG
前回ワンピースの胸元に試しに入れてみたゴムシャーリング。
なんだ簡単!と思ったけれど、今回はかなりてこずりました。
我が家のミシンは水平釜で、ボビンのネジ調節ができません。
なのでゴム糸をきつめに巻くと針が進まなくなってしまうのです。
仕方なく緩めに巻いたら縮みが少なく、本のサイズで作ったら
胸囲100cm(!)くらいのびろんびろーんのビスチェになってしまいました(;;)
泣く泣くシャーリングをぜんぶほどき・・・
既製のキャミソールの幅を見て
それより少し幅を多くとったところで裁断し直し。
結局本のサイズの半分強の幅で作りました。
長女にはパイナップルイエロー、次女にはメロングリーンのチェック。
シャーリングの幅が揃っていませんが、そこはまぁ目をつぶって。
子どもたちがとっても喜んでくれたので悪戦苦闘も報われましたー。

CIMG2325.JPG次女のゴムスカートもついでに。こちらは簡単ス〜イスイ。
ポケットは小物用に買った‘森’の生地で付けました。
木にとまったピンクの小さな小鳥さんがかわいいのですが
画像見えませんね(^^;

CIMG2330.JPG長女のスカートは
元は私のマタニティー
ワンピースだったもの。
もう着ることはたぶん(?)ない・・・けれど
色合いが気に入っていたので、思いきって娘用にリメイク。
お揃いのシュシュも♪CIMG2338.JPG



おんなのこの服、てづくりの服

 ビスチェはこの本を参考に作りました。
 作ってみたいかわいい女の子服ばかり。
 




キャンドルナイト


6月22日夏至の夜、今年は我が家でも100万人のキャンドルナイトを実行しました。
夜8時になったところでキャンドルに灯をともし、電気を消して。
バースデーケーキのロウソク以外に
テーブルでキャンドルを灯すのは初めての子どもたち、
「ふぅーしちゃいけないんだよね?」「灯がゆらゆらしてるね」
とちょっぴりしんみょうな面持ち。
家族4人、キャンドルのやわらかな灯りを囲んでいつもとは少し違うお話をしました。
         CIMG2291.JPG
この世界には食べ物がなくていつもお腹を空かせている人たちもいること、
戦争といって考え方の違う人や国が、お互いに傷つけ合っているところもあること、
いつも簡単に使っては捨てている紙や割箸や爪楊枝は樹から作られること、
そしてその樹がたくさんある森が地球から減っていっていること・・・
毎日楽しく学校や幼稚園で勉強したり遊んだりできることや
家族がこうして揃ってテーブルを囲めること、
私たちも当り前のように思っているけれど、
とっても幸せでありがたいことなのだと再認識しながら。
子どもたちは「ふーん・・・」と聞いていましたが
少しでも心のどこかに残ってくれればいいなぁ。
たまにはこんなスローな夜を過ごして
エコを意識したり身近な幸せを再確認したりするのもいいかも。
一年で一番夜の短いこの日、みなさんはどんな夜を過ごされたのでしょう?

キャンドルは好きで集めているけれど、とけてしまうのがなんだかもったいなくて
ずっと使えずにいました。
でもやっぱり灯をともしてこそその美しさは最大限に発揮されるのだと気付きました。
とけて流れたロウもまたおもしろい。
CIMG2323.JPGCIMG2320.JPG
色の組合せが抜群に素敵なシマシマキャンドルは
Sofa Styleのもの。
ローズキャンドルは
パウダーっぽい香り。
すっとした姿が凛として
美しい和ろうそくは鉄のキャンドルホルダーで。

2007年06月21日


初夏の梅しごと


CIMG1893.JPG
今年も恒例の梅しごとが終了しました。
青梅が店先に並び始めると
子どもたちから「梅ジュース飲みたいな〜」と催促が。
今年は3リットルの保存瓶2つに仕込みました。
まずは洗った青梅のなり口をとり、半日以上冷凍(ここがポイント!)にします。
CIMG2079.JPGそれから青梅に砂糖をまぶしながら
保存瓶に詰めていきます。
今回砂糖は甜菜糖と黒糖を使い、ハチミツも加えました。

CIMG2268.JPG砂糖がとけやすいように
一日一回瓶を揺すって
一週間ほどで
青梅から出たエキスが
ひたひたになったら完成。
エキスの出きった青梅は
シワシワの皮と種だけに。
冷たい水や炭酸水で割っていただきま〜す♪

2007年06月19日


ルクルーゼ8種


CIMG2248.JPG
ついに!ついに我が家にもやってきました。ルクルーゼ8種!
もちろん本物じゃありません。
ペプシのおまけのマグネットです。
でもこれがただの‘おまけ’と侮れないほどよく出来てます。
カラーのグラデーションも本物そっくり!
色々な方のブログでも皆さん絶賛されていて、私もどうしても欲しかったのですが、
我が家では誰もコーラは飲まないので、やむを得ずオークションでゲット。
そして今日、手元に。
実物は予想以上にかわいいです♪
マグネットもしっかりしているし、
ちょっとそこらのおまけとは一線を画すコレクションだと思います。
冷蔵庫の扉に並んだ小鍋たちを眺めてはにんまりしてます。ムフフ

小さなおみやげ


CIMG2226.JPG
昨日、子どもたちがおみやげにと拾ってきてくれた紫陽花。
少しくすんだブルーの花は長女から。
額紫陽花の一花は次女から。薄水色が清楚で可憐な雰囲気。
落ちていたものらしいけれど、まだじゅうぶん綺麗。
テーブルの上に涼しげで静かな空間がうまれます。

紫陽花ってとっても生命力が強いらしく、たくましく自生して、
大きくみごとに咲き誇っている姿も美しいけれど、
お部屋に飾るなら、こんなささやかな飾り方もまた好み。











×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。