2007年07月03日


カルガモコースとバディーとザリガニ???


CIMG2444.JPG
長女の小学校では先月から水泳の授業が始まりました。
まだ3回しか入った日はないのですが、
長女の話しを聞いて思わず大笑いしてしまいました。

まず、レベルに応じたコース分け。
「スイミングスクールに通っている(いた)ひと〜」と先生。
年中さんの夏休み、短期講習(たったの5日間)に参加した長女、
勢いよく「はーい!」と挙手。白鳥コースに入りました。
白鳥コースは一番上級です(な、なんと無謀な・・・汗)
そしてプール当日、当然のことながらとてもとても白鳥さんのようには泳げす・・・
ひとつ下のカルガモコースに変更。
私が思うに、初級のアヒルコースでもいいのでは?!
まぁ、がんばってもらいましょう(笑)

水泳の授業中、二人一組でお互いがお互いの‘バディー’になるそうです。
海猿みたい!!
自分のバディーが溺れていたら、
「先生!私のバディーが溺れています!!」と大至急報告(笑)
長女は、いつもバディーに助けられている(?!)そうです・・・複雑。
「どういうふうに助けてくれるの?」
「大丈夫?って起こしてくれるの。」
・・・ってことはいつも転んでいるのか?それとも沈んでいるのか?

ゆうべのお風呂での会話。
「バタ足とかやってる?」
「ううん、できないもん。あごがガツーンって下についちゃってぇ・・・」
「え?! あご?! プールの底に?!」
「そう。それでこうやって(←洗い場で実演)泳いでるの。」
泳いでいるというのか這っているというのか・・・
ある意味それってすごい・・・かも。
学校のプールで、ザリガニのように底の方でもがいている彼女を想像したら
なんだか可笑しくて思わず大笑いしてしまったのでした。
でも本人はきっと真剣に泳いでいるのですよね(笑)

特別速く泳げなくてもいいから、
いざという時に溺れない程度には泳げるようになってほしい。
今年の夏は私もがんばって近くのプールへ親子で通おうかな・・・


2007年06月17日


父の日ふれあいデー


CIMG2137.JPG
昨日は幼稚園の「父の日ふれあいデー」という行事がありました。
年中さんの次女は、パパとペアになってダンスを踊ったりゲームをしたり♪
真夏のような強い陽射しにも負けず、大張り切りで楽しんでました。

CIMG2150.JPG去年までは園児だった長女は今年は応援団。
「いいな〜やりたいな〜」とちょっぴり残念そう。
途中からひたすら園庭の貝殻拾いに熱中。
撮影担当のママは黒焦げになりそうでしたが(汗)
やっぱり幼稚園の行事ってかわいい☆


長女が拾ってきた貝殻は‘たからもの’なんですって。
「みなさんへ」というメモには捨てないようにとの図入りの注意書きが(笑)
CIMG2174.JPGCIMG2181.JPG

余談・・・長女にカメラを持たせたら、これがかなりの腕前?!
園長先生も親がカメラを向けた時とは違う表情で写ってました(笑)

2007年06月11日


あわあわおふろ


CIMG2069.JPG
子どもたちはバブルバスが大好きです。
「ママ、あわあわのおふろやって〜!」
「じゃあ、土曜日の夜ね。」
泡風呂にすると残り湯をお洗濯に使えないので・・・(笑)
我が家ではたまーにやってます。

これはお友達にいただいたハウス オブ ローゼのもの。
やさしいローズの香りとふんわりの泡が優雅な雰囲気♪CIMG1875.JPG

後から行くと、一足先に入っていた子どもたち、
最初ははしゃいでいたのに
妙におとなしく泡の中につかっておりました。
???
「動くと泡が消えちゃうから・・・
ママも泡のおふろに入りたいでしょ?」
うん、うん、そうだね。ありがとね。
すでに泡は半分くらいになってしまっていたけれど(笑)

2007年06月10日


Mom, present for you!


CIMG1947.JPG
昨日、パパと家の近くの公園に遊びに行った子どもたち。
1時間ほどして帰ってきました。
入ってくるなり「ママ、はいこれ!ママにプレゼント!」と長女。
その手の中にはシロツメクサの腕輪が。
中心にはタンポポのワンポイント。
「かわいい〜!ありがとう!」
いつも男の子のように活発な長女ですが、こんな女の子らしい一面もあったのだなぁ。
シロツメクサの花輪・・・懐かしい☆
私も長女くらいの頃、夢中になって編みました。
時代は変わって子どもたちの遊び場もその遊びもずいぶん変わりましたが
こういう変わらないところもあるんですね。
なんだかほっとしました。
自分の周りの小さな自然を楽しむ心。季節を感じる遊び。
ずっと忘れないでほしいです。

2007年06月07日


あしっち


CIMG1878.JPG
突然ですが、次女の足。
これがなんともかわいくて。
小さな子どもの足ってまだぷくぷくしていて柔らかくて・・・
これが成長するにつれ、その体を支えるべく大きく頑丈になっていくんですね。
足の裏も硬くなって・・・
思わず自分の足をまじまじと見てしまいました。
そろそろ素足の季節。
お手入れしなくちゃ!


2007年05月10日


ゴールデンウィーク


CIMG1676.JPG
今年のGWはお天気に恵まれ、とても気持ちの良い行楽日和でしたね!
我が家は今年も夫の実家のある日光へ。
子どもたちは毎日朝から晩まで元気いっぱい遊んできました。

上の娘はローラーブレードもかなり上達。脛にあざができるまで滑っていました。
それをトーマスのキックスケーターで追いかける下の娘。
そんな二人を義母に見てもらって、夫と私は義兄と近くのショートコースで
久し振りのゴルフ。
フルスイングの豪快な空振り連発し、翌日からひどい筋肉痛でした。

2007年04月12日


お別れ、そして・・・


CIMG1198.JPG
一ヶ月前の卒園式。
先生たちの見送りを受けながら退場する卒園児たち・・・。
いつもは元気いっぱいの長女もしんみり。
そんな彼女の姿にこの三年間の成長を感じた母でした。

CIMG1427.JPG
そして・・・先週行われた入学式。前日までぐずついていたお天気も回復、
桜の花びらの舞う中、長女はピカピカの一年生になりました。
真新しいランドセルを背負った彼女はすっかりお姉さん顔。
その隣でおすまししている次女が着ているのは、私の妹が入園式に着たワンピース。
なんと二十数年振りの登場!

二十年か三十年後、ふたりが大人になって
その子どもたちがまた、今の彼女たちの服を着ることもあるのでしょうか・・・
その頃私は・・・??

2007年04月09日


お手伝い


CIMG1240.JPGCIMG1320.JPG
すっかり更新さぼってました・・・ごめんなさい!
子どもたちが春休みで、パソコンに向かう時間がなかなかとれなかったのですが
我が家はおかげさまでみんな元気に過ごしていました。
春休み中家で退屈していた子どもたちに、人参の皮むきをお願いしたら
楽しんでやってくれました。
包丁はまだ一緒にやらないと無理だけれど
皮むきならもう私が手を添えなくてもスイスイ。
たまにむきすぎてしまうこともありますが、
二人が皮むきしている間に私はほかの作業ができるので結構助かります。
すっかり皮むきが好きになった子どもたち、今日も「ママ、今日は何をむくの?」

2007年03月16日


想い出がいっぱい


CIMG1236.JPGCIMG1237.JPGCIMG1239.JPG
今日は長女の卒園式でした。
入園式が行われたのと同じ体育館・・・そこには三年前とは違った空気が
流れていました。
生まれて初めて少しだけ親から離れ、社会に一歩踏み出そうとしていた
あの時の子どもたち。
まだ幼い我が子に心配しつつも、その成長が微笑ましかった入園式。
あれから三年、ひとまわりもふたまわりも大きくなった姿に
深い感慨をおぼえ瞼の奥が熱くなりました。
送り出す先生方の涙・・・こんなにも愛情を持って日々子どもたちに接してくださった
ことに感謝の気持ちでいっぱいです。
そして子どもたちの涙・・・お友達や先生との別れの淋しさを理解できるまでに
心も大きく豊かに成長したんだね。
たくさんの想い出を胸に今、新しい扉を開こうとしている子どもたちに
心からおめでとう!

左上:入園当初はピカピカだった通園カバンもところどころ破れて。
    年々増えた毛玉にさえ愛着が・・・制帽“どんぐり帽子”。
右上:夏も冬も半袖半ズボン!ほとんど毎日着た体操着。
左下:担任の先生と家庭とをつなぐ“おはなしのーと”は園生活での
    エピソードがつまった宝物。

2007年03月13日


ママは女王さま?!


CIMG1156.JPGCIMG1158.JPG
最近下の子もずいぶんお絵かきが上手になりました。
子どもの絵って色づかいが大人のそれとは一味違っておもしろい。
こんな絵を描く時期はきっとあっという間に過ぎ去ってしまうから、
今日は二人の傑作をご紹介。

左は下の子が幼稚園で作ってきた凧。
女の子は自分とお友達?表情がなんともいえずに可愛いのです。
右は上の子が描いてくれたママ。
「おおねだじょうさま(女王さま)」と書いてあるはどういう意味かしら?
思わず苦笑いのママなのでした。

2007年03月02日


想い出になる前に・・・


CIMG1085.JPGCIMG1086.JPG
昨日は幼稚園の発表会でした。
いい席を確保しようと、張り切って朝7時に子どもたちと家を出ました。
もう何組か並んでいるのかなと思いながら10分ほど歩いて幼稚園に到着。
なんと一番乗りでした!
出勤してきた先生たちにも「早いですねー!」と驚かれ・・・
8:20の開場まで1時間以上・・・早すぎました。

まだ朝もやの残る静かな幼稚園は、古い想い出の中の風景にも似て、
なんだか懐かしいような気がしました。
三年前に入園してから毎日のようにこの園庭で遊んできた長女はもうすぐ卒園です。
無邪気に走り回る子どもたちを見ながら、三年分の想い出とともに
今この時を留めておきたいとシャッターを切りました。
彼女たちの小さな胸にもまたこの朝の風景が刻まれたのでしょうか。

2007年02月23日


長靴たち


CIMG1006.JPGCIMG1018.JPGCIMG1019.JPG
今日は朝から雨。雨の日といえば長靴
小さい子どもは長靴が大好きです。
でも大きくなるにつれ、かっこ悪いだの下駄箱に入らないだのと
言い出し、ドシャブリでも「ふつうの靴で行く!」となるのです・・・。
歩き始めた頃から小学校に上がる前くらいまでの
長靴大好き♪な数年間、履く回数は少ないけれど、
だからこそどうせ履くなら雨の日が待ち遠しくなるくらいの楽しい長靴をと思い、
娘たちの長靴にはちょっとばかりこだわってきました。
長靴を履いた日は、「ほら!水溜りに入らないで!」なんて
野暮なことは言いません?!

左上は現在使用中のもの。
右は今まで娘たちが履いてきた歴代の長靴たち。
そして下は・・・この顔に負けて思わず買ってしまったもの。まだ上の子にも少し大きい。

2007年02月21日


無垢の机とトリップトラップ


CIMG1037.JPG
4月から小学生になる長女の机を買いました。
小学生のうちは勉強も親がみてあげなければならないことも多いし、ダイニングテーブルでやればいいよねと、
机はまだ買わないつもりでしたが、以前からいいなぁと思っていた無垢のチークの机が、なんとSALEになっていたのです。
幅90p、奥行き50pくらいなのでダイニングにも置けるし・・・
と思い切って買ってしまいました。
これなら大人になっても使えるし、年を経るごとに味わい深くなっていくのも楽しみ♪
椅子はまだ6才の娘には高さ調節のできるものの方がいいので、
中古のトリップ・トラップチェアを今さらながら購入。
カラーはチークです。
机との相性もなかなかです。

ランドセル


CIMG0895.JPG
この春から小学校にあがる長女のために、先月ランドセルを購入しました。
デパートのランドセル売場やカタログを色々と検討した結果、
浅草にある近藤商店さんのイルカちゃんランドセルに決めました。
近藤商店さんは鞄金具の老舗で、日本製のランドセルの多くは
こちらの金具(マグネット錠や背かん)が使われているそうです。
上質な革を使い、つくりもとてもしっかりとしています。
その上お値段も良心的♪
娘が選んだ色はローズピンク。
4月からこのランドセルを背負って通学する娘の姿を思い浮かべ、
ついこの間入園したばかりだと思っていたのに・・・とその成長が
嬉しくもありちょっぴり淋しくもあり、複雑な心境のこの頃です。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。